メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

春画ブームの今後=野宮珠里(東京情報調査部)

性風俗を描いた江戸時代の浮世絵などが公開された「春画展」=東京都文京区の永青文庫で昨年12月、野宮珠里撮影

タブー視乗り越えて

 人間の性愛を描いた「春画」の国内初の展覧会が昨年、東京都文京区の永青文庫で開かれた。長らくタブー視されてきた春画を真正面から取り上げた画期的な企画で、老若男女を問わず幅広い層が訪れ、入場者は21万人という盛況ぶり。雑誌は相次いで特集を組み、書店に特設コーナーができるなど「春画元年」と言われる一大ブームとなった。「わいせつか芸術か」との不毛な議論を越え、今後どう向き合うのか。社会の成熟度、文化度が問われている。

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1884文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです