メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾新たな挑戦

/4止 「新移民」社会の一部に 立法院、初の議員

台北駅の構内で同郷の友人らとのおしゃべりを楽しむインドネシア人たち=鈴木玲子撮影

 日曜日の昼下がり、台北駅構内の広場は、台湾で働くインドネシア人で埋め尽くされていた。故郷の料理を持ち寄り、おしゃべりに花が咲く。広場の一角にインドネシア語の本が50冊ほど並んでいた。書店「燦爛時光(さんらんじこう)」が臨時で開く「移動図書館」だ。台北市の台湾人家庭で高齢者の世話をしているというイチャさん(25)は恋愛小説に夢中になっていた。「インドネシア語の本を読むのは久しぶり」と瞳を輝かせた。

 こうした外国人労働者は最低賃金が適用されず、長時間労働が常態化している。先月には台北市内で労働環境…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1290文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです