メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大地震発生時

水10キロ、職員持参ムリ 大阪府見直しへ

 大阪府が南海トラフ巨大地震発生時、職員に3日分を目安に水と食料を持って登庁するよう定めた業務継続計画(BCP)に対し、「現実的ではない」との指摘が出ている。水だけで重さ10キロ近くになるからだ。指摘を受け府は水と食料を備蓄する方針に改め、新年度予算案に769万円を計上し、BCPも将来的に修正する。

 これまで府は「災害発生時、職員の食事は自分で用意する」との考え方だった。昨年2月に策定したBCPでは、国の救援物資は災害発生4日目に届くと想定したが、備蓄は1日分の食料と水だけ。このため、参集する全職員(府立学校の教職員を含め2万2000人)…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです