メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石綿訴訟

元建設労働者ら勝訴、国に賠償命令 大阪地裁

建設アスベスト訴訟で判決の垂れ幕を掲げる弁護士=大阪市北区で2016年1月22日午後2時5分、三浦博之撮影

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込んで健康被害を受けたとして、大阪や兵庫などの元建設労働者や遺族ら計33人が、国と建材メーカー41社に計6億9300万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(森木田邦裕裁判長)は22日、規制に遅れがあったとして国の責任を認め、一部の原告に計約9740万円を支払うよう命じた。同種訴訟で国の賠償責任を認めたのは2012年12月の東京地裁判決、14年11月の福岡地裁に続き3件目。

     一方、石綿含有建材を製造・販売した建材メーカーの責任は認めなかった。また、「一人親方」と呼ばれる個人事業主への賠償も認めなかった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    2. ストーリー 月給25万9000円の市長(その1) 夕張の「サンタ」の10年
    3. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    4. 南知多ビーチランド サンタが魚にもやってきた
    5. 大林宣彦監督 余命3カ月宣言から1年4カ月で映画完成「あと30年頑張る」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]