メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歩いて予防を 1日30分未満→リスク1.23倍

 1日の歩行時間が30分未満の人は、2時間以上の人と比べて糖尿病になっているリスクが1.23倍、高いとの研究結果を国立がん研究センターが21日発表した。適度な運動が糖尿病予防になることは知られているが、運動の中でも実践しやすい歩行に注目して、日本人の糖尿病リスクとの関係を明らかにしたのは初めて。

     チームは1998〜2000年度、男女2万6488人を対象に糖尿病の有無を血液検査で調べ、自覚がないまま糖尿病を発症していた1058人について分析した。

     その結果、1日2時間以上歩く人に比べ、30分未満しか歩かない人は1.23倍も多く糖尿病にかかっていた。30分以上2時間未満の人とは明確なリスクの差はなかった。

     厚生労働省は生活習慣病予防のために、男性は1日平均で9200歩程度、女性は8300歩程度を目安に歩くよう呼びかけている。1000歩を歩くには約10分間要する。研究に当たった東海大医学部付属八王子病院の壁谷悠介講師は「歩行時間が長い方が、健康的な生活を送れる可能性が高いことが示された。自分の生活様式に合わせて無理のない運動を取り入れてほしい」と話している。【久野華代】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    2. 受動喫煙 国立がんセンター 異例の反論文
    3. 中国 民家6軒から19人の遺体 20代男を拘束
    4. 東京・吉祥寺 私立保育園が開園断念 近隣住民反対で
    5. 小池都知事 豊洲市場移転延期を正式発表「三つ疑問ある」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]