メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警視庁

容疑者の顔、3Dで撮影 個人特定容易に

三次元顔画像撮影装置のイメージ

 警視庁は来年度から、全署に専用の装置を配備し、逮捕された容疑者の顔写真を三次元(3D)で撮影する。従来から証拠資料として顔写真を撮影してきたが、3Dにすることで個人特定の精度が上がる。関与が疑われる別の事件が発覚した場合も防犯カメラの画像との照合がより細かくできるようになるという。同庁によると、3Dの撮影装置を管内全署に導入するのは全国初という。

 配備されるのは「三次元顔画像撮影装置」(幅約100センチ、奥行き約50センチ、高さ約130センチ)…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  4. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  5. 司法試験 合格者削減求めて声明 県弁護士会長 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです