メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新作舞台の上演延期 病気療養中のため

 埼玉県芸術文化振興財団は、彩の国さいたま芸術劇場などで2月から予定された蜷川幸雄さん(80)の新作舞台「蜷の綿−Nina’sCotton」の上演を延期する。演出を手掛ける蜷川さんが昨年12月から病気療養中のため。

     劇団「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大さんが、蜷川さんを題材にして脚本を執筆。蜷川さんと藤田さんがそれぞれ演出する2作品が同時に上演予定だった。藤田演出版も延期となり、チケットは払い戻される。蜷川さんは「悔しい気持ちでいっぱい。早く回復して劇場に戻ります」との談話を出した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校野球 無念の没収試合…熱中症?交代要員なく 和歌山
    2. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
    3. 置き去り死亡 2歳児、車内に8時間 父親降ろし忘れ出勤
    4. ポケモンGO 西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板
    5. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]