メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蜷川さん

新作舞台の上演延期 病気療養中のため

 埼玉県芸術文化振興財団は、彩の国さいたま芸術劇場などで2月から予定された蜷川幸雄さん(80)の新作舞台「蜷の綿−Nina’sCotton」の上演を延期する。演出を手掛ける蜷川さんが昨年12月から病気療養中のため。

     劇団「マームとジプシー」を主宰する藤田貴大さんが、蜷川さんを題材にして脚本を執筆。蜷川さんと藤田さんがそれぞれ演出する2作品が同時に上演予定だった。藤田演出版も延期となり、チケットは払い戻される。蜷川さんは「悔しい気持ちでいっぱい。早く回復して劇場に戻ります」との談話を出した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    2. 大阪・寝屋川 画像診断で遺体確認 死体遺棄容疑で逮捕状
    3. 大阪 「子供4人産み、家に遺体」中年女性が交番訪れ申告
    4. 医師法違反 免許持たず医療行為 36歳男を逮捕 三重
    5. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]