メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

映画監督・濱口竜介さんが素人の演出論出版 作為の先にあるリアル

 「短い。もっと見たい」。鑑賞後、そう感じた。5時間17分の映画「ハッピーアワー」は、アマチュアの老若男女17人が「即興演技」を学ぶワークショップを経て出演した。劇的な事件は起こらず画面もおとなしい。しかし演技経験のない主演の女性4人は昨年、ロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を獲得した。その演出論について、監督の濱口竜介さん(37)が『カメラの前で演じること』(左右社)を著した。シナリオも収録する。

 映画は30代後半の仲良し女性4人組それぞれの家族を巡る葛藤を描く。実は最初の5分は苦痛だった。4人…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1255文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 質問なるほドリ パーキンソン病って何? 脳の指令伝わらず震え 国内に約16万人=回答・荒木涼子
  4. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  5. 安倍内閣 片山氏疑惑報道 野党が「資質」追及に照準

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです