メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

映画監督・濱口竜介さんが素人の演出論出版 作為の先にあるリアル

 「短い。もっと見たい」。鑑賞後、そう感じた。5時間17分の映画「ハッピーアワー」は、アマチュアの老若男女17人が「即興演技」を学ぶワークショップを経て出演した。劇的な事件は起こらず画面もおとなしい。しかし演技経験のない主演の女性4人は昨年、ロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を獲得した。その演出論について、監督の濱口竜介さん(37)が『カメラの前で演じること』(左右社)を著した。シナリオも収録する。

 映画は30代後半の仲良し女性4人組それぞれの家族を巡る葛藤を描く。実は最初の5分は苦痛だった。4人…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1255文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです