メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

映画監督・濱口竜介さんが素人の演出論出版 作為の先にあるリアル

 「短い。もっと見たい」。鑑賞後、そう感じた。5時間17分の映画「ハッピーアワー」は、アマチュアの老若男女17人が「即興演技」を学ぶワークショップを経て出演した。劇的な事件は起こらず画面もおとなしい。しかし演技経験のない主演の女性4人は昨年、ロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を獲得した。その演出論について、監督の濱口竜介さん(37)が『カメラの前で演じること』(左右社)を著した。シナリオも収録する。

 映画は30代後半の仲良し女性4人組それぞれの家族を巡る葛藤を描く。実は最初の5分は苦痛だった。4人…

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1255文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです