メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性や黒人など少数派を2倍の改革案

米アカデミー賞の候補者発表式。主演男優賞にもすべて白人の5人がノミネートされた=米カリフォルニア州ビバリーヒルズで2016年1月14日、AP

映画芸術科学アカデミー 20年までに

 【ロサンゼルス長野宏美】米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは22日、賞の投票権を持つ会員について、2020年までに女性や黒人など少数派の人数を2倍にするなどの改革案を発表した。演技部門の候補者20人が、2年連続で全員白人だったことを受けて批判が高まっていた。

     ロサンゼルス・タイムズ紙の12年の調査では投票権のある会員の約94%が白人で、男性が約77%、平均年齢は62歳と偏りが指摘されていた。

     会員は俳優や監督、映画会社の役員で構成され、生涯にわたり投票権が与えられていた。今後は、新規会員について投票権を持つ期間を10年に限り、活動実績に応じて更新する制度を導入する。ただし、受賞者やノミネートされた経験がある会員は従来通り生涯にわたる投票権を持つ。

     アカデミー側はこれまでも新会員を増やすなど多様性の確保に努めてきたが、今年も主演と助演の男優・女優賞の候補計20人を白人が独占。ソーシャルメディアでは「オスカーは真っ白」というハッシュタグができ、批判が殺到した。

     黒人監督のスパイク・リーさんや黒人俳優のウィル・スミスさんらが抗議のため2月28日の授賞式欠席を表明していた。スミスさんはアメフット選手の脳しんとうが題材の「コンカッション(原題)」で医師役を演じ、前哨戦のゴールデン・グローブ賞では主演男優賞候補(ドラマ部門)入りするなどアカデミー賞のノミネートも期待されていた。

     1974年の映画「ハリーとトント」でアカデミー賞の脚本賞候補になった会員のジョシュ・グリーンフェルドさん(87)は自身も高齢の白人男性に当たるが、「高齢になると活動が活発でない人もいる。定年制を取り入れるべきだ」と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    3. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    4. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    5. ORICON NEWS サントリー、ビール広告動画が公開中止 内容に「下ネタ」と批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]