メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜県を中心に大雪の恐れ 東海地方でも降雪

降り続く雪に覆われた高山市内。市民は雪かきに追われた=岐阜県高山市で2014年12月17日午後4時25分、宮田正和撮影

 東海地方は23日から25日にかけて、この冬で最も強い寒気が流れ込む影響で23日昼過ぎから広い範囲で雪が降る見通しだ。岐阜県を中心に大雪となる恐れがあり、気象庁は注意を呼び掛けている。

     気象庁によると、東海地方の上空1500メートルには24日朝、氷点下9度の強い寒気が入り込み、冬型の気圧配置が強まる見通し。24日午前6時までの積雪は多い所で、岐阜県山間部30センチ▽同平野部10センチ▽愛知県山間部10センチ▽三重県2センチ−−と予想されている。東京都心でも2センチの積雪となる見通しで、日本海側や近畿、九州南部、四国などでも大雪に警戒が必要という。

     冷え込みはその後も強まり、25日は今季最も寒い朝を迎えそうだ。

     26日以降は一転、高気圧に覆われて晴れる日も多く、最高・最低気温はともに平年を上回りそうだという。【加藤沙波】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 台風10号 「私の判断ミス」高齢者施設常務理事
    2. 和歌山射殺 緊迫58時間、突然終結 容疑者自殺
    3. 遭難 谷口けいさん死亡 「ますます活躍」矢先に
    4. 和歌山射殺 身柄確保まで58時間 対応後手に
    5. 台風10号 「大変なことになった」9人死亡の岩手・岩泉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]