メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部 23日夜から大雪の見通し

激しく雪が降る北九州市の市街地=北九州市小倉北区馬借で2012年2月2日午前9時1分、加古信志撮影

 西日本の上空に氷点下15度以下の記録的な寒気が流れ込み、九州北部や山口県で23日夜から大雪となる見通しとなっている。24日は九州南部でも最高気温が氷点下になるところがあると予想され、福岡管区気象台は水道管や路面の凍結への注意を呼び掛けている。

     積雪の予想は24日午前6時までの24時間に山口県の山地30センチ、平地15センチで、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本の各県も山地20センチ、平地10センチ。最大風速は九州西海上で23日が18メートル、24日も20メートル、九州北部の陸上でも23、24日に15メートルとしている。

     九州の各自治体は、屋外の水道管に布を巻くなどの凍結予防を呼び掛けている。ビニールハウスや農作物の被害にも警戒が必要としている。西鉄(福岡市)は福岡と東京や名古屋、大阪方面を結ぶ夜行高速バスの23、24日の運休を決めた。九州内の高速バスも運休の可能性があるとしている。【青木絵美】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ギャンブル依存症対策 パチンコ出玉数3分の2程度に
    2. パチンコ・パチスロ 「遊技障害」の恐れ 国内に90万人
    3. ボクシング 山中慎介破ったネリが陽性反応 筋肉増強剤
    4. 九州豪雨 「今、流されよう」不明の女性、知人に
    5. カジノ法 パチンコ店など入場制限 依存症対策で政府検討

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]