メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿、中四国の平野部でも雪の予想

 この冬で最も強い寒気が流れ込む影響で、23日夕から25日にかけて近畿、中四国の平野部でも雪が降り、広い範囲で最低気温が氷点下になることが予想される。気象庁は、路面凍結による転倒などでけが人が相次ぐ恐れもあるとして、注意を呼び掛けている。また交通への影響が懸念され、各機関が警戒を強めている。

     気象庁によると、近畿地方などの上空約1500メートルに、氷点下12度以下の強い寒気が入り込む。

     24日午前6時までの24時間予想降雪量は、近畿北部の平野部5センチ▽同山間部30センチ▽山陽の平野部10センチ▽同山間部40センチ▽山陰の平野部15センチ▽同山間部40センチ−−など。25日にかけてもさらに降雪量が増えると予想されるという。

     また、24日の予想最低気温は、京都府舞鶴氷点下3度▽兵庫県豊岡同4度▽岡山県津山同5度▽松江同4度など。

     荒天に備え、高速バスが運休を決めた。近鉄バスは23、24の両日に大阪や京都、神戸を出発し、東京や東北地方、九州に向かう夜行バスの一部を運休すると発表した。また、阪急観光バスは、23日夜に関西から東京方面へ向かう夜行バスの運休を決めた。

     19日には、福井県あわら市で強風の影響などで大型バスが横転し、乗客4人が負傷する事故があった。また18日には、東京都心で6センチ、横浜市は5センチの雪となり、関東甲信と東北地方、静岡県の13都県で負傷者は250人を超えた。首都圏では、鉄道各線で電車の運行本数が大幅に減らされ、各駅で入場規制を実施するなど、通勤・通学にも大きな影響が出た。【渡辺諒、遠藤浩二】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. クローズアップ2017 都議選告示 自民、逆風に危機感 支持率低下重し
    2. 小林麻央さん死去 「愛してると旅立った」海老蔵さん会見
    3. 司馬遼太郎記念館 「竜馬がゆく」自筆原稿を発見
    4. 陸上 サニブラウン「地上最速を目指す」…1日に高校卒業(スポニチ)
    5. 小林麻耶 初めて公の場で闘病の麻央を語る「妹は本当に強い」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]