メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年は「挑戦」21回連呼…1億総活躍を強調

衆院本会議で施政方針演説をする安倍晋三首相=国会内で2016年1月22日午後2時3分、藤井太郎撮影

 安倍晋三首相は22日の施政方針演説で21回にわたり「挑戦」と連呼した。昨年は「改革」、一昨年は「可能性」を連呼したが、今年は1億総活躍社会という新たな目標に挑む姿勢を強調した。

 首相は4日の年頭記者会見で今年を「1億総活躍元年」と呼び、「困難な挑戦であっても1億総活躍の苗木を植える挑戦をスタートしたい」と挑戦に24回言及した。

 施政方針演説では、困難に挑戦した人々の例をあげ、日本で初めて孤児院を設立した石井十次(じゅうじ)(1865〜1914)の「為(な)せよ、屈するなかれ。時重なればその事必ず成らん」を引用。ワールドカップで強豪南アフリカから歴史的勝利をあげたラグビー日本代表の挑戦にも触れ、「安倍内閣は挑戦を続ける。皆さん、ともに挑戦しようではありませんか」と呼びかけた。【加藤明子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 桜描いたカラー記念1000円硬貨
  2. 豪華寝台列車 淡いゴールドで夢の旅…「四季島」お披露目
  3. 乳幼児栄養調査 ゆとりない家庭、魚や野菜少なめ
  4. 器物損壊容疑 女性服に火、自衛官逮捕…背後からバーナー
  5. 中年男性 低所得、働き盛り入院増 節約で受診控え悪化 千葉大研究

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]