メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党、一斉に反発…「都合悪い話せず」

衆院本会議で甘利明経済再生担当相による経済演説開始前に退出する民主など一部野党の議員ら=国会内で2016年1月22日午後3時18分、藤井太郎撮影

 野党各党は22日の安倍晋三首相の施政方針演説に対し、「自画自賛」「都合の悪い話から逃げた」などと一斉に反発した。甘利明経済再生担当相の金銭授受疑惑をめぐる対立に加え、アベノミクスや憲法改正などを論点に攻勢を強める構えだ。一方、与党からは十分な与野党の対話を求める声も出た。【飼手勇介、佐藤慶】

 民主党の岡田克也代表は記者会見で、挑発的な首相演説に対し、昨秋の臨時国会の召集要求が見送られたことを念頭に「憲法を無視してまで逃げて、逃げて、逃げ回った首相が今になって議論しようとは誠に恥ずかしい」と応酬。「都合の悪い衆院選挙制度や憲法改正の中身は触れていない」と語った。

 共産党の志位和夫委員長も「安倍政治で作られた平和、民主主義、暮らしの危機という深刻な現実を見ず、最初から最後まで自画自賛だ」と批判。「憲法改正は(首相の言う)『挑戦』の本丸。明文改憲は絶対に許さない」と批判した。

 野党側は今後、アベノミクス批判や格差拡大を国会論戦の中心に据える構えだ。維新の党の松野頼久代表は「厳しい経済や農業の状況に対する施策がまったくなかった」と語った。社民党の吉田忠智党首も「美辞麗句を並べたが、貧困層が増え、格差が拡大する国民生活と向き合っていない」と指摘。生活の党の小沢一郎共同代表は「企業収益は増えたが国民の実質所得は増えていない。国民生活を向上させるはずのアベノミクスは実態がない」と皮肉った。

 野党は夏の参院選での支持拡大に向け、格差是正策を目玉に据える予定だ。一方、首相演説には、具体策では共通点も多い1億総活躍や地方創生なども並ぶ。民主の中堅議員は「民主党の政策が盗まれた」と今後の論議に懸念を示した。

 これに対し、自民党の谷垣禎一幹事長は「与野党間の建設的な対話が定着しておらず、野党も協力できるところは協力すべきだ。首相はそう呼びかけた」と首相を擁護した。一方、公明党の山口那津男代表は首相が意欲を示した憲法改正について、「国会日程を見ても、改憲のテーマを国民に問うよう絞り込んでいくのは現実的ではない」とクギを刺した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ダッカ襲撃 日本人人質か 当局突入、銃撃戦
  2. 木星のオーロラ 撮影に成功 北極付近で渦巻き状に
  3. 熊本地震・ふるさとよ 第2部/5 怒号飛び交う避難所
  4. 参院選 「支持政党なし」…いたずら? 実はポスター戦略
  5. 京大病院 「ドカーンと大きな音」実験室出火、放射線検出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]