メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

失業対策訴えデモ 一部暴徒化し警察など襲撃

 【カイロ秋山信一】チュニジア西部カスリーンで21日、政府に失業対策を訴えるデモがあり、一部は暴徒化して警察や地方政府の施設を襲撃した。ロイター通信によると、デモ隊との衝突で、警察官1人が死亡。デモは他都市にも拡大し、チュニジア政府は22日、全土に夜間外出禁止令を出した。

 民主化要求運動「アラブの春」による革命から5年が過ぎたが、革命の一因となった若者の失業問題は改善の兆しが見えず、政府は対応に苦慮している。

 国営TAP通信などによると、カスリーンでは今月16日、政府機関の求職者リストから削除されたことに抗議する20代の男性が、政府施設近くの電柱に上って感電死。これを契機に、政府に対する抗議デモが連日起きている。地元メディアは男性は自殺したと報じている。

 21日も数千人が地方政府機関の前などで抗議デモを行った。

 デモは中部シディブジドなど経済発展が遅れている中・南部の内陸部に拡大し、警察署が放火される事件も起きている。デモ隊は「仕事か、新たな革命か」と訴え、政府に対応を迫っている。政府は21日、内陸部を中心に公共事業を実施し、新たに約12万6000人を雇用する計画を発表した。

 政府に抗議する若者の死が反政府デモの引き金になる構図は、「アラブの春」の先駆けとなる革命が起きた時と酷似している。ロイター通信によると、チュニジアの失業率は革命前の12%(2010年)から15・3%(15年)に悪化。国内で動揺が広がっている。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
  2. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
  3. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
  4. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
  5. もう二度と 相模原殺傷事件1年 「地域と一緒」願う やまゆり園入所者、家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]