メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

23日、大雪や暴風雪に警戒…この冬一番の寒気に

鳥取県の国道9号で雪のため立ち往生し渋滞する車の列=2011年1月1日午前、本社ヘリから小関勉撮影

 気象庁は22日、この冬一番の強い寒気が23〜25日に流れ込み、日本海側を中心に強い冬型の気圧配置となって大雪や暴風雪が見込まれるとして警戒を呼びかけた。九州南部や四国、本州の太平洋側でも大雪の恐れがある。寒気の強さと降雪量は、鳥取県で約1000台の車が立ち往生した2010年12月31日と翌日の寒波に匹敵するという。

 気象庁によると、日本の上空に沖縄・奄美まで覆う氷点下6度以下の寒気が入る見通し。寒気のピークとみられる24日の最低気温は平年よりかなり低く、広い範囲で氷点下になる予想。23日午後6時までの24時間予想降雪量は10〜30センチ前後だが、雪はその後強まり、24日午後6時までの予想は北陸80センチ▽東北、近畿60センチ▽中国40センチ▽九州30センチ−−など。関東では23日夕から雪や雨が降り、東京都心など南部の平野部でも1〜2センチの降雪が見込まれる。【狩野智彦】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 尊厳否定「二重の殺人」全盲・全ろう東大教授
  2. 相模原の障害者施設殺傷 尊厳否定「二重の殺人」 全盲・全ろうの東大教授、福島智氏
  3. 無尾翼機 ナウシカ「メーヴェ」よ 白く美しく 大空舞え
  4. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
  5. 死体遺棄 容疑で男女高校生逮捕 新生児を公園に埋める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]