メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「福者」に認定…バチカン、殉教承認

居城があった大阪府高槻市に建つ高山右近の像=三浦博之撮影

 【ローマ福島良典】江戸幕府のキリスト教禁教令で国外に追放され、殉教したキリシタン大名の高山右近(1552〜1615年)がカトリック教会の崇敬対象である「福者」に認定されることが正式に決まった。バチカン(ローマ法王庁)は22日、フランシスコ・ローマ法王が右近の殉教認定を承認したと発表した。

 高山右近は戦国時代から江戸時代初期にかけて生きた。現在の大阪府豊能町がある摂津国高山の生まれ。12歳の時に洗礼を受け、21歳で高槻城主となった。「バテレン追放令」を出した豊臣秀吉に棄教を迫られたが拒否し、徳川家康による禁教令で国外追放され、フィリピン・マニラで死亡。日本における「教会の柱石」と呼ばれた。

 「福者」はカトリック教会で最高位の崇敬対象である「聖人」に次ぐ称号。日本司教団は、大名の地位と領国、財産、名誉を捨てて信仰に命をささげた右近を殉教者として福者に認定するようバチカンに申請していた。

 カトリック教会は迫害下に信仰を死守した殉教者を崇敬しており、バチカンは「流刑や追放の責め苦を受けながら一生を神にささげた者」も殉教者と認める立場を取っている。

 バチカンは昨年6月、右近の福者認定手続きを進めることを了承。法王による承認待ちの状態だった。右近を福者とする「列福式」は今年中に日本で開催される予定。法王は昨年3月、日本司教団との会見で「可能なら行きたい」と述べたという。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長野小1女児 小谷村内の川に意識不明の子供 不明女児か
  2. 発砲 4人撃たれ1人死亡、男は逃走 和歌山の建設会社
  3. NHK 「障害者を感動話に」方程式批判
  4. 自殺 始業式翌日に何が 青森で相次いだ中学生の悲劇
  5. 長野女児不明 29日も引き続き捜索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]