メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無罪確定へ…福岡高検、上告断念で最終調整

 鹿児島市で2012年、当時17歳だった女性に暴行したとして強姦(ごうかん)罪に問われた男性(23)を懲役4年とした1審・鹿児島地裁判決(14年2月)を破棄し、逆転無罪とした福岡高裁宮崎支部の控訴審判決(12日)について、福岡高検は上告を断念する方向で最高検との詰めの協議に入った模様だ。検察内部で「刑事訴訟法で定められた上告理由が見つからない」との意見が大勢を占め最終調整をしている。上告期限(26日)を過ぎると男性の無罪が確定する見通しになった。

 男性は12年10月7日未明、鹿児島市で女性を暴行したとして逮捕・起訴された。女性の体液から検出された精液のDNA型鑑定について、鹿児島県警の捜査段階の鑑定は「DNAが微量で型の特定は不可能」との結果だった。

 これを受け、1審判決は「精液の検出は『男性から暴行された』との女性の証言を強く裏付けている」と有罪認定した。

 ところが、控訴審の再鑑定で第三者のDNA型が検出されたことが判明し、逆転無罪判決につながった。【鈴木一生】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
  2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
  3. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
  4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
  5. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]