メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連続強姦

東京地裁支部が無期判決…起訴から5年4カ月

裁判員裁判 公判前整理手続きが長期化

 2008〜10年に女性6人に暴行などをしたとして、強盗強姦(ごうかん)罪などに問われた米軍横田基地の元職員、石田仁被告(41)の裁判員裁判の判決で、東京地裁立川支部(矢数昌雄裁判長)は22日、求刑通り無期懲役を言い渡した。争点や証拠を絞る公判前整理手続きが長期化し、起訴から5年4カ月を要した。09年の制度スタート以降、起訴から判決まで最も時間がかかった裁判員裁判とみられる。【賀川智子】

 被告は08年9月、東京都八王子市の女性宅に侵入し、暴行の様子をデジタルカメラで撮影。8カ月後に再び…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです