メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下り坂、一時100キロ…ブレーキ使用か

事故現場手前の定点カメラ

直前減速

 長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故で、バスの時速は事故が起きた約1キロの下り坂で最高時には100キロ前後に達していたことが、県警軽井沢署捜査本部が押収した運行記録計(タコグラフ)の記録から分かった。捜査関係者が明らかにした。転落直前は時速80キロ前後だったことから、フットブレーキが作動するか、エンジンブレーキが利く状態だった可能性がある。事故から22日で1週間。捜査本部は下り坂でバスが速度を抑えられなかった原因の解明を目指す。【巽賢司、尾崎修二】

 現場の国道18号「碓氷(うすい)バイパス」の制限時速は50キロ。群馬・長野県境の入山(いりやま)峠から長野県側に入ると、最初の約300メートルは勾配8%の直線の下り坂となっており、この坂でバスが大きく加速した可能性がある。

 一方、国土交通省が公開した、バイパスの定点カメラの映像を分析したところ、現場手前約250メートルまでの800メートル区間の平均時速が70キロ超だったことも判明した。この平均時速からも、バスは下り坂の早い段階から制限速度をオーバーしていたとみられる。

 映像が公開された定点カメラは、峠頂上付近にある「入山峠カメラ」(43.6キロポスト)と、峠から下って事故現場の手前約250メートルにある「軽井沢橋カメラ」(44.4キロポスト)。入山峠カメラはバスの進行方向とは逆方向を、軽井沢橋カメラは進行方向を映し出している。

 入山峠カメラの映像では、カメラの手前約125メートル地点に坂を上るバスが現れるのが15日午前1時51分58秒。この時点ではバスに異常は見られず、ゆっくりと走って同52分5秒に画面から外れる。

 一方、軽井沢橋カメラがバスを初めて捉えたのが同52分45秒だ。この映像ではバスは既に高速で走行しているとみられ、カーブで車体が傾く様子が分かる。バスはこの二つのカメラの間の約800メートルを40秒で走り抜けており、平均時速は72キロになる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 患者連続殺人 4階で48人死亡 7月以降、病院「増加」
  2. 横浜・患者死亡 出勤の男性医師「信じられない」
  3. 横浜・入院患者死亡 評判の病院で何が 近隣住民「お年寄り多い」
  4. 患者連続殺人 医療に詳しい人物関与か 痕跡目立たず
  5. 横浜・患者死亡 警察にトラブル相談 横浜市にもメール 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]