メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イランの重圧、守り抜き…日本4強

 ○日本3−0イラン●(準々決勝)

 苦しくてもしのぎ、耐え、守り抜いた先に待望の決勝点が待っていた。延長前半6分、豊川のヘディングでゴールをこじ開けた日本。イランとの激闘を制し、五輪切符に王手をかけた。

 90分で決着がつかず、全員で円陣を組み気合を込めて向かった延長戦のピッチ。運動量の落ちたイランに比べ、日本は底力があった。5分、室屋が切り返して相手を振り切り、中央にクロス。フリーで飛び込んだのは、後半終了間際に投入された豊川。落ち着いてネットを揺らすと、中島が突き放すように2点追加。勝負を決めた。

 「勝っていない世代と言われているのは分かっている」(遠藤)。今回の年代の選手にとって準々決勝はまさに「鬼門」だった。U19(19歳以下)アジア選手権、そして14年のU22アジア選手権(オマーン)、アジア大会(韓国)。いずれも8強の壁ではじき返されてきた。

 この日も延長に入るまでは苦しかった。体格で勝る相手に重圧をかけられてボールが保持できなかった。だが、苦しい展開でも最後の一線を割らせなかったことが日本に勝利を呼び込んだ。

 1次リーグ終了から五輪切符獲得、そして決勝戦まで10日間。イラン戦前、手倉森監督は選手たちにこう呼びかけた。「サッカー人生で最も大事な10日間になる」。これからの日本サッカーを背負う若い選手たちが大きな関門を一つ突破した。【大島祥平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬大病院 二つの外科、手術数競う 死亡事故調査委
  2. 都知事選 小池氏リード 増田氏、鳥越氏追う 本紙調査
  3. 相模原殺傷 「可愛い娘失い、悲しい」19歳被害者の母
  4. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
  5. 最新手術ミス 女性死亡 別の1件も失敗 千葉の整形外科

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]