メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『ロゴスの市』 著者・乙川優三郎さん

乙川優三郎さん

 (徳間書店・1620円)

言葉と格闘する大人の小説 乙川優三郎(おとかわ・ゆうざぶろう)さん

 『五年の梅』(山本周五郎賞)『生きる』(直木賞)など、時代小説を書いてきた作家が、最近、現代小説にカジを切った。本書も昭和55(1980)年の学生時代から書き起こし、ひと組の男女のすれ違う愛の形と人生を描き出す。

 太平洋戦争後を背景にした『脊梁(せきりょう)山脈』(2013年)以来、『トワイライト・シャッフル』…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文956文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 支局長からの手紙 ATMの撤去 /島根
  3. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 侍ジャパンに清宮を初選出 メキシコ戦メンバー発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです