メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

残照

富士山燃え上がる?夕日受け赤く輝く 東京・杉並

煙を上げて真っ赤に燃え上がるかのような富士山=東京都杉並区で2016年1月19日、藤島直美撮影

 煙を上げて真っ赤に燃え上がるかのような富士山。19日夕、東京都杉並区善福寺1で写した。富士山の陰に日が沈んだ直後、山頂付近に重なった雲か、風に飛ばされた雪煙が夕日の残照を受けて、赤く輝いたとみられる。

 富士山の東北東に当たる都内からは、一部の地域を除いて10月から2月ごろにかけて、日没が富士山に重なる時期がある。運がよければ、富士山頂に日が沈む瞬間、山が宝石のように輝く「ダイヤモンド富士」が見られることもある。

 国土交通省関東地方整備局は、ホームページの「関東の富士見百景」コーナー内で、各地から見て日没が富士山頂に重なる日付の目安を紹介している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
  2. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
  3. 大雪 23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯
  4. 卓球 伊藤、みうみま対決制す 第1ゲーム6連続得点
  5. 大砂嵐事故 角界、止まらぬ不祥事 暴行、セクハラに続き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]