メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山燃え上がる?夕日受け赤く輝く 東京・杉並

煙を上げて真っ赤に燃え上がるかのような富士山=東京都杉並区で2016年1月19日、藤島直美撮影

 煙を上げて真っ赤に燃え上がるかのような富士山。19日夕、東京都杉並区善福寺1で写した。富士山の陰に日が沈んだ直後、山頂付近に重なった雲か、風に飛ばされた雪煙が夕日の残照を受けて、赤く輝いたとみられる。

 富士山の東北東に当たる都内からは、一部の地域を除いて10月から2月ごろにかけて、日没が富士山に重なる時期がある。運がよければ、富士山頂に日が沈む瞬間、山が宝石のように輝く「ダイヤモンド富士」が見られることもある。

 国土交通省関東地方整備局は、ホームページの「関東の富士見百景」コーナー内で、各地から見て日没が富士山頂に重なる日付の目安を紹介している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
  2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
  3. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
  4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
  5. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]