メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島、島根の24時間降雪量70センチ超

雪が降りしきる中、ノロノロ運転で進む車やバス=佐賀市で2016年1月24日午前11時6分、中村敦茂撮影

 24日は、日本の上空には西日本から沖縄・奄美にかけて非常に強い寒気が流れ込んで、日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込みとなっている。強い冬型の気圧配置は25日にかけて続くと見られ、北陸地方や西日本を中心に雪が降り、太平洋側の平地でも積雪となり、大雪となる見通し。

 25日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、北陸地方100センチ▽中国地方70センチ▽東海地方、近畿地方60センチ▽東北地方、関東甲信地方50センチ▽四国地方、九州北部地方、九州南部30センチ。

 気象庁によると、24日正午の24時間降雪量は、最大の広島県北広島町八幡と島根県邑南町瑞穂が74センチなどとなっている。【デジタル編集部】

 24時間降雪量は以下の通り。

1 広島県北広島町八幡 74センチ

  島根県邑南町瑞穂  74センチ

3 広島県北広島町大朝 68センチ

4 島根県飯南町赤名  66センチ

5 石川県輪島市    52センチ

6 石川県珠洲市    49センチ

  広島県庄原市高野  49センチ

8 島根県奥出雲町横田 45センチ

9 島根県浜田市弥栄  38センチ

10福井県大野市九頭竜 37センチ

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
  2. 稲田氏辞任 小池都知事「スピード感なかった」
  3. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
  4. 朝鮮学校無償化 「母校が認められた」全面勝訴に大歓声
  5. PKO日報 特別防衛監察の結果・概要

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]