メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島、島根の24時間降雪量70センチ超

雪が降りしきる中、ノロノロ運転で進む車やバス=佐賀市で2016年1月24日午前11時6分、中村敦茂撮影

 24日は、日本の上空には西日本から沖縄・奄美にかけて非常に強い寒気が流れ込んで、日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込みとなっている。強い冬型の気圧配置は25日にかけて続くと見られ、北陸地方や西日本を中心に雪が降り、太平洋側の平地でも積雪となり、大雪となる見通し。

 25日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、北陸地方100センチ▽中国地方70センチ▽東海地方、近畿地方60センチ▽東北地方、関東甲信地方50センチ▽四国地方、九州北部地方、九州南部30センチ。

 気象庁によると、24日正午の24時間降雪量は、最大の広島県北広島町八幡と島根県邑南町瑞穂が74センチなどとなっている。【デジタル編集部】

 24時間降雪量は以下の通り。

1 広島県北広島町八幡 74センチ

  島根県邑南町瑞穂  74センチ

3 広島県北広島町大朝 68センチ

4 島根県飯南町赤名  66センチ

5 石川県輪島市    52センチ

6 石川県珠洲市    49センチ

  広島県庄原市高野  49センチ

8 島根県奥出雲町横田 45センチ

9 島根県浜田市弥栄  38センチ

10福井県大野市九頭竜 37センチ

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
  2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
  3. 准看護師遺体 元同級生の女、中国が引き渡しへ 大阪府警
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 特別背任容疑 再春館元役員を不起訴 熊本地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]