メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニックV3 東芝降す トップリーグ決勝

ラグビートップリーグ決勝トーナメントで東芝に勝利して3連覇を果たし、喜ぶパナソニックの選手たち=東京・秩父宮ラグビー場で2016年1月24日、竹内紀臣撮影

 ラグビー・トップリーグの決勝トーナメント最終日は24日、東京・秩父宮ラグビー場であり、決勝は3連覇を狙ったパナソニックが東芝を27−26で降して通算4回目の優勝を果たした。3連覇は2004〜06年度の東芝以来2チーム目。決勝トーナメントのMVPにはパナソニックのSOヘイデン・パーカーが選ばれた。東芝は後半ロスタイムでトライを決めて1点差まで詰め寄ったが、ゴール不成功で6季ぶりの優勝を逃した。3位決定戦は昨季準優勝のヤマハ発動機が神戸製鋼に26−22で勝った。

     今季の日本選手権はトップリーグと大学選手権の覇者同士による形式により31日に秩父宮で開催され、パナソニックが大学選手権7連覇の帝京大と対戦する。

    釜石、宮古両市の子どもたちが声援

     東日本大震災で被災した岩手県釜石、宮古両市の子どもたちが24日、東京・秩父宮ラグビー場であった社会人ラグビーの「トップリーグ」決勝と3位決定戦に招待され、迫力あるプレーに声援を送った。全16チームで取り組む東日本大震災復興支援活動の一環で、「1点10円募金」で集まった浄財で招待した。

     観戦したのは釜石シーウェイブスジュニアと宮古ラグビースクールに所属する幼稚園児から小学6年生までの29人。初めてトップリーグの試合を観戦したという釜石小4年、土橋一陽さん(10)は、五郎丸(ヤマハ発動機)のゴール成功に「すごく迫力がある。見てみたかったのでうれしい」と笑顔を見せた。【荻野公一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市臨時職員 ゲーム世界一「虚偽でした」 掲載2紙おわび
    2. 民進党 蓮舫代表、人事で試練 「野田幹事長」反発広がる
    3. AV出演強要 神戸大教授、規制強化に反対 内閣府聴取
    4. 強制わいせつ 「主要な行為」22歳東大生に懲役2年求刑
    5. 阪神高速 基礎料金50円値上げへ 大阪府、新料金案

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]