メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギアなぜニュートラルに 捜査は難航

低速ギアでエンジンブレーキが掛かる状態

 長野県軽井沢町で15日に起きたスキーツアーバス転落事故で、事故現場から約1キロ手前の入山(いりやま)峠頂上から最初の約300メートルの急な直線の下り坂を高速で走るバスを、国土交通省が映像を公開していない定点カメラ「浅間山カメラ」が捉えていたことが分かった。捜査関係者が明らかにした。県警軽井沢署捜査本部による車体検証で、事故車両のギアがニュートラルになっていたことが既に判明している。エンジンブレーキが利かなかったとの見方があるが、専門家は「フットブレーキだけでも十分減速できる」と指摘。乗務していた運転手2人が死亡した中での捜査は難しさを増している。

 バス製造元「三菱ふそうトラック・バス」によると、事故車両は排ガスを利用してエンジンブレーキの効果を高める排気ブレーキも備えている。排気ブレーキはハンドル横のレバーで操作し、エンジンブレーキと同様、ニュートラルでは利かないのが特徴だ。

 バス運転経験者らによると、大型車は通常、急な下り坂では低速ギアに切り替えエンジンブレーキを利かせ、さらに排気ブレーキを作動させるのが一般的。フットブレーキを多用すると過熱して利きが悪くなることがあるためだ。

 事故車両はエンジン保護のため、高速時にいきなり低速ギアへ切り替えようとしてもニュートラルになるようプログラムで制御している。運転していた土屋広運転手(65)があわてて低速ギアに入れようとしてニュートラルになった、との推測は成り立つ。ただし、三菱ふそう担当者は「プログラムが作動してもフットブレーキで減速し、改めてシフトレバーを動かせば低速ギアに入る」と話す。

 捜査関係者によると事故の衝撃でシフトレバー付近は大破しており、転落時にニュートラルになった可能性もある。

 車体検証ではブレーキには過熱の跡などの異常は見つかっていない。民間の日本交通事故鑑識研究所(茨城県つくば市)の大慈弥(おおじみ)雅弘代表は「フットブレーキだけでも100メートルもあれば停止できる」と指摘する。【安元久美子、巽賢司】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 当直職員、集音マイクで異変察知 居室で物音
  2. 相模原の障害者施設殺傷 被害者氏名、県警公表せず 「プライバシー保護」 「忘れられる恐れも」
  3. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
  4. ポケモンGO 西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板
  5. 夫婦げんか 高速道に夫を置き去り 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]