メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Forever・タカラヅカ102

102周年幕開け公演、宙組「シェイクスピア」 トップスター・朝夏まなとが熱演

宙組公演「シェイクスピア」で、紙とペンを手に歌う朝夏まなと(右)=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で2015年12月30日、宮武祐希撮影

作家の生きざま、情熱的に

 世界中で愛されるシェイクスピアの名作は、彼の人生経験を基に生まれた−−。宙(そら)組大劇場公演「シェイクスピア〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉」は、そんな仮説に基づいて描かれている。「ロミオとジュリエット」などの劇中劇を交えながら、トップスターの朝夏(あさか)まなとがシェイクスピアの生きざまを情熱的に演じている。

 「(演出家や作曲家の)先生たちに作品を生み出す時はどんな感じなのかを聞いて回りました。未知の領域で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです