メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

ウータン・森と生活を考える会 インドネシアで植林など支援 現地の仲間と共に /大阪

ウータンが支援している地域の巨木と人々

 <環境・資源><国際・共生>

 多様な動植物を育み人々のくらしの基盤になっている熱帯林を守るため、現地や国内の人と一緒に考え、行動するのがウータン・森と生活を考える会だ。今、現地での活動は、インドネシア・ボルネオ島での植林や森林農法、森林火災防止の支援が柱になっている。

 発足のきっかけは、東南アジアの先住民が1987年に大阪を訪れ「熱帯林が大規模に伐採され、生活が脅かされている」と訴えたことだった。伐採された木材は、日本など先進国が安く購入しており「現地だけでなく、私たちの生活にもかかわる問題」と88年、ウータンができた。

 現地の人たちと手を携え、違法伐採を止めるための調査や提言などを続けてきた。2007年ごろから大規模…

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1533文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです