メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

怒れる米国

大統領選/2 対テロ戦、揺れる世論 元海兵隊員、再び戦地へ

民兵として過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いに加わった元海兵隊員のジャーミー・レーンさん=米ネバダ州ラスベガスで2016年1月19日、長野宏美撮影

 「クルド人を助け、悪魔を倒すときだけ、良いことをしているという充実感を感じる」。クルド義勇兵からもらったスカーフで頭を覆ったジャーミー・レーンさん(29)は、過激派組織「イスラム国」(IS)戦闘員の遺体から奪ったナイフを見せ、つぶやいた。

 レーンさんはイラク戦争を戦った元米海兵隊員。昨年1〜5月、シリアのクルド人民防衛隊(YPG)に民兵として加わり、ISと戦った。

 イラクとシリアに広がるIS。その戦闘員を何人も機関銃で撃ち殺した。「非人道的なISはゴキブリと同じ…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1289文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです