メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア

国論が二分…同性カップルの権利法案提出前

 【ローマ福島良典】イタリアで、同性カップルに結婚に準じた権利を認める「シビル・ユニオン」の合法化法案が議会審議入りを控え、国論を二分している。キリスト教カトリックの総本山・バチカン(ローマ法王庁)のお膝元だけに「同性婚の容認につながりかねない」との保守派などの反対が強いためだ。

バチカンのお膝元、抵抗感強く

 カトリック教会の影響が強いイタリアは憲法で家族を「婚姻に基づく自然な共同体」と規定。西欧主要国の中で唯一、同性婚やシビル・ユニオンを公的に認知する制度がない。

 法案を提出した中道左派・民主党のモニカ・チリーナ上院議員(52)は「イタリアが欧州他国に比べて法整…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文794文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです