メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最晩年の墨書…二松学舎大がびょうぶ購入

報道陣に公開された夏目漱石の墨書によるびょうぶ=東京都千代田区の二松学舎大学で2016年1月25日午前、梅村直承撮影

 文豪、夏目漱石(1867〜1916年)ゆかりの二松学舎大(東京都千代田区)は25日、漱石が禅語を墨書したびょうぶを購入したと発表した。一般には存在を知られておらず、漱石の書では最大規模。最晩年の、物事に動じない思想が分かる貴重な資料だ。

     びょうぶは二曲一双(計4面)で、1面の高さは162センチ、幅は80センチ。「夜静渓声近 庭寒月色深」(夜静かにして渓声近く、庭寒うして月色深し)など、禅宗の言葉を集めた「禅林句集」から、漱石が理想とした自然の情景を描く五言対句が草書体で4種類書かれている。死去の前年の、15年11月以降の筆とみられ、山口直孝(ただよし)同大教授(日本近現代文学)は「筆遣いは真剣かつ伸びやかで、世俗的なものと格闘しながら達観を得た晩年の心境がうかがえる」としている。

     中央公論社社長だった麻田駒之助(1869〜1948年)が所蔵し、死後も同家に長く秘蔵されていた。

     漱石は1881(明治14)年に当時は漢学塾だった二松学舎で約1年学んだ。来年で創立140周年を迎えるのを前に漱石の資料収集を進める同大が、古書店で売りに出されているびょうぶを発見、書体や落款から晩年の漱石の真筆と判断し、昨年末に購入した。2017年10月ごろ一般公開の予定。【鶴谷真】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 容疑者の尿と血液から大麻陽性反応…2月
    2. 相模原殺傷 出頭直前に投稿か ツイッターにほほ笑む写真
    3. 相模原殺傷 容疑者、入所者殺害示唆の手紙 衆院議長宛て
    4. 相模原殺傷 容疑者、施設近くに1人暮らし
    5. AV出演強要 「被害者」個人攻撃に懸念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]