メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

S・ウィリアムズ対シャラポワ…女子準々決勝

シャラポワ(左)とセリーナ・ウィリアムズ=ロイター

昨年の決勝再現

 【メルボルン(オーストラリア)浅妻博之】テニスの4大大会、全豪オープンは26日に女子シングルス準々決勝が行われ、昨年に決勝で対戦した第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と第5シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が顔を合わせる。連覇を狙うS・ウィリアムズは「彼女とやる試合はどれも新鮮だし、とても楽しみ」と余裕の表情で、8年ぶりの優勝を狙うシャラポワは「悪い結果は考えない」と気合を入れた。

 過去の対戦は18勝2敗でS・ウィリアムズが圧倒している。全豪でも過去3回対戦したが、いずれもS・ウィリアムズが勝利した。

 S・ウィリアムズはここまでの4試合をすべてストレート勝ち。得意の高速サーブは安定して、サーブから主導権を握るテニスで勢いに乗っている。4回戦は世界ランキング58位のマルガリタ・ガスパリャン(ロシア)にわずか55分で完勝。大会前に膝を故障した影響を感じさせず、「自分の(理想の)試合をすることに自信を持っている」と7回目の優勝に向けて盤石だ。

 シャラポワは3回戦でタイブレークの末に初めてセットを失い、第12シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)との4回戦はストレート勝ちしたものの、ミスが多かった。強打ではS・ウィリアムズに分があるだけに、シャラポワは緩急をつけて揺さぶり、早い段階で主導権を握りたい。16歳でツアー初優勝を飾ったシャラポワは28歳で迎えた今大会で通算600勝を達成した。ツアーではS・ウィリアムズから04年以来白星を挙げていないだけに意地を見せたい。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏 東欧の首相を押しのけ前に? 厳しい批判も
  2. 岡山・加計学園 獣医学部新設手続き「早く」 首相補佐官、前次官に要求 昨秋
  3. 加計学園 首相補佐官が前次官に要請 新設手続き「早く」
  4. 世界の雑記帳 メラニアさん、トランプ大統領との「手つなぎ」拒否か
  5. キスリャク駐米露大使 「最も危険」 トランプ政権接触で注目 笑顔武器に人脈、実は大物スパイ?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]