メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八百長疑惑…混合ダブルスで、米紙報道

 【ニューヨーク田中義郎】オーストラリアのメルボルンで開かれているテニスの4大大会の今季初戦、全豪オープンの混合ダブルスで八百長の疑惑が浮上していたことが分かった。24日、米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が報じた。

 疑いが持たれたのは1回戦のララ・アルアバレナ、ダビド・マレーロ組(スペイン)とアンドレア・フラバーチコバ(チェコ)、ルカシュ・クボット(ポーランド)組の試合。同紙によると、世界有数のブックメーカー(賭け屋)であるピナクル・スポーツが、実力が競っていた試合にもかかわらず多額の賭け金のほとんどがフラバーチコバ、クボット組に集まったことに疑問を持ち、試合開始の約13時間前に賭けを中止した。ピナクル・スポーツは現地の警察に届け出た。

 試合はフラバーチコバ、クボット組が6−0、6−3で勝利した。アルアバレナ、マレーロ組は試合での動きが低調だったのは故障が原因として、八百長の疑惑を否定した。通常、混合ダブルス1回戦では多額の賭け金が動くことは少なく、ピナクル・スポーツの幹部は「少数の人が多額の金を賭けた」のは不自然と判断したという。他の試合では、そのような動きはなかったとしている。

 テニスの八百長を巡っては、英BBC放送が17日、過去10年で世界ランキング50位以内の16選手に故意に負けた疑いがあり、4大大会優勝者も含まれていると伝え、8選手は今回の全豪オープンに参加していると指摘した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワンセグ放送 NHK受信料、支払い義務ない
  2. ワンセグ敗訴 受信料制度に一石 NHK、徴収にも影響
  3. 高畑容疑者 淳子さん会見一問一答(6)止「女好きは素」
  4. 小池都知事 築地移転延期の可能性示唆
  5. NHK 「受信料長州力」中止 「強制徴収するのか」など批判受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]