メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最長55年9カ月 更新へ宮城で当選16回目

宮城県色麻町議選で16回目の当選を目指す田中一寿氏=同町で2016年1月24日午後4時56分、山田研撮影

 宮城県色麻(しかま)町議選(定数16)が24日投開票され、無所属現職の田中一寿(ひとし)氏(87)が旧色麻村の村議選を含めて16回目の当選を果たした。全国町村議会議長会によると、田中氏の在職期間は全国の町村議で最長の55年9カ月で、さらに延ばすことになる。町議選には19人が立候補していた。

     田中氏は「今回の任期で議員生活は最後にするつもりだ。住民に顔を向けた行政を実現できるようがんばっていきたい」と語った。

     田中氏は1959年の旧色麻村議選で初当選。91年に町長選出馬のため辞職し落選したが、92年の町議選で当選して以来、連続当選を続けている。【山田研】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米旅行誌 世界都市ランク 東京が連続首位 京都3位に
    2. 着服 元税務課長が800万円 大阪・河内長野
    3. 福井・中2自殺 他の生徒も叱責、不登校に
    4. ORICON NEWS 大竹しのぶの還暦祝パーティーに『金スマ』独占潜入
    5. 衆院選 フェイスブックが投稿分析 「希望」言及が急減

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]