メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

党員集会初戦アイオワの地元紙が支持候補紹介

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた民主、共和両党の候補者選びで、初戦となる党員集会が2月1日に開かれる中西部アイオワ州の有力地元紙デモイン・レジスターは23日、民主党はヒラリー・クリントン前国務長官(68)、共和党はマルコ・ルビオ上院議員(44)を支持すると発表した。

     両党の主要候補に直接インタビューをしたうえで決めたという。クリントン氏については「(民主党で)知識と経験の深さ、広さにおいて対抗できる候補はいない」と指摘した。

     一方、共和党については、今回の選挙が党の将来を規定するとし、「怒りや悲観、恐れ」か「違った道」の選択だと指摘。ルビオ氏を「共和党と米国の新たな方向性を描く可能性がある」と評価した。ルビオ氏の現在の支持率は、不動産王ドナルド・トランプ氏(69)とテッド・クルーズ上院議員(45)に次ぐ3位。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 容疑者「ヒトラーの思想が降りてきた」
    2. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    3. 相模原殺傷 尊厳否定「二重の殺人」全盲・全ろう東大教授
    4. 無尾翼機 ナウシカ「メーヴェ」よ 白く美しく 大空舞え
    5. 相模原殺傷 容疑者、薬物のうわさに「やっていませんよ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]