メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛の国道378号で動けない20台車中泊

国道378号の峠道で、路面凍結のため渋滞する乗用車やトラック=愛媛県の大洲・八幡浜市境付近で2016年1月24日、渕脇直樹撮影

 日本列島は24日、上空にこの冬一番の寒気が入り込んだ影響で厳しい冷え込みとなり、西日本や北陸を中心に記録的大雪となった。九州などでは各地で観測史上最低気温を記録。鹿児島県・奄美大島で115年ぶりに雪が降ったほか、沖縄県でも本島(名護市)で観測史上初、久米島で39年ぶりのみぞれ(観測分類上は雪)が観測された。気象庁は25日も吹雪や暴風などに警戒するよう呼びかけている。

 愛媛県の大洲・八幡浜市境付近の国道378号では、路面の圧雪で動けなくなる車両が続出。県警八幡浜署によると、約20台が車中で一夜を明かすことになったという。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸製鋼不正 「40年以上前から」元社員ら証言
  2. シリア ラッカ陥落、IS壊滅状態 戦闘員は拠点移動
  3. 無線LAN 深刻な欠陥 メールを盗み見される危険
  4. 青森沖・海自ヘリ墜落 「気がついたら機内に海水」
  5. 水戸・遺体 ラブホテルに49歳女性 事件や病死の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]