メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12年半ぶり全6段で日本出身力士が優勝

優勝を決め、賜杯を手にバンザイをする琴奨菊(手前中央)=東京・両国国技館で2016年1月24日、竹内幹撮影

 大相撲初場所千秋楽は24日、東京・両国国技館で行われ、東大関の琴奨菊(31)=本名・菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が初優勝を飾った。日本出身力士の優勝は2006年初場所の大関・栃東(現在の玉ノ井親方)以来、10年ぶり。

 また初場所の各段優勝は十両・英乃海(東京出身)、幕下・栃丸(同)、三段目・千代の海(高知)、序二段・魁渡(新潟)、序ノ口・琴鎌谷(千葉)と全段を日本出身力士が占めた。

 2003年名古屋場所の幕内・魁皇(福岡)、十両・垣添(大分)、幕下・北勝城(大阪)、三段目・笠洋(静岡)、序二段・加賀谷(青森)、序ノ口・白乃龍(兵庫)以来12年半ぶり。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AKB48小嶋陽菜 卒業日決まるも早くも未練 「一応、卒業します」
  2. 大阪・国有地売却 8億円減額の根拠示せず 国側
  3. 契約違反 レオパレスを提訴 賃料未払いと129人
  4. サンデー 異色のグラビア予告 謎の10代女性が「コナン」の“黒い人”に
  5. 社説 MXテレビ 電波の公共性 自覚せよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]