メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

12年半ぶり全6段で日本出身力士が優勝

優勝を決め、賜杯を手にバンザイをする琴奨菊(手前中央)=東京・両国国技館で2016年1月24日、竹内幹撮影

 大相撲初場所千秋楽は24日、東京・両国国技館で行われ、東大関の琴奨菊(31)=本名・菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が初優勝を飾った。日本出身力士の優勝は2006年初場所の大関・栃東(現在の玉ノ井親方)以来、10年ぶり。

 また初場所の各段優勝は十両・英乃海(東京出身)、幕下・栃丸(同)、三段目・千代の海(高知)、序二段・魁渡(新潟)、序ノ口・琴鎌谷(千葉)と全段を日本出身力士が占めた。

 2003年名古屋場所の幕内・魁皇(福岡)、十両・垣添(大分)、幕下・北勝城(大阪)、三段目・笠洋(静岡)、序二段・加賀谷(青森)、序ノ口・白乃龍(兵庫)以来12年半ぶり。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪カーリング 日本がスウェーデンに逆転勝ち 2位浮上
  2. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
  3. 南相馬中2女子自殺 「学校は真実話して」 父、無念語る
  4. 南相馬 中2女子が自殺…同級生からのいじめ訴え
  5. いじめ 「被害者も悪い」小中3割 金沢市教委アンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]