メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「連続優勝すれば…」春場所での横綱昇進も

大相撲初場所千秋楽で初優勝し、八角理事長(右)から賜杯を受け取る琴奨菊=東京・両国国技館で2016年1月24日、内藤絵美撮影

 大相撲初場所千秋楽は24日、東京・両国国技館で行われ、東大関の琴奨菊(31)=本名・菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が初優勝を飾った。日本出身力士の優勝は2006年初場所の大関・栃東(現在の玉ノ井親方)以来、10年ぶり。今年3月の春場所で横綱昇進に挑戦する。

 琴奨菊の綱取りについて、日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「今場所の14勝は立派。3横綱に勝ったし、しかもいい内容だった。(横綱を)目指して頑張ってほしい」と述べた。春場所での横綱昇進の条件については「連続優勝すれば、そういう話も出てくる。今場所のような内容も問われる」との見方を示した。【大矢伸一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NHK 携帯のワンセグ 受信料、契約義務ない
  2. 高畑容疑者 淳子さん会見一問一答(6)止「女好きは素」
  3. 高畑容疑者 淳子さん会見一問一答(5)長男「死のうと」
  4. 高畑容疑者 淳子さん会見一問一答(4)すぐに人を好きに
  5. 高畑容疑者 淳子さん会見一問一答(2)親はばかな生き物

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]