メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

モンゴル勢の黄金期に陰り…戦国時代の予感

白鵬(左)を押し出しで破った琴奨菊=両国国技館で2016年1月20日、小出洋平撮影

 24日に千秋楽を迎えた大相撲初場所は日本出身の大関・琴奨菊が初優勝を遂げ、外国出身力士の連続優勝記録は58場所で終止符が打たれた。58場所中56場所を制し、3横綱1大関を擁するモンゴル出身力士の黄金時代に陰りが見え始め、角界の勢力図は変わるのか。また、国技の看板を背負う日本出身力士の中から、琴奨菊に続く優勝者、さらには横綱を締める者は現れるのか。【大矢伸一、吉見裕都】

この記事は有料記事です。

残り2046文字(全文2232文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]