メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道東

世界的聖地に 「エコツーリズム構想」検討開始 野鳥観光、売り込み /北海道

オオワシなどの野鳥を撮影に来たフランス人(左の2人)ら=根室市の風蓮湖で

 道東を世界レベルの観光地に育て上げようという「道東エコツーリズムアイランド構想」の検討が、旅行業界や地元経済界などを中心に始まった。旅行産業の世界的な動向を見据え、世界的なエコツーリズムの聖地を目指すという。【本間浩昭】

欧州から熱視線

 「実に神秘的な鳥だ」。低気圧による強風が吹き荒れた20日朝。湖に張った氷の上にたたずむオオワシに、フランス人のマディ・ジェラードさん(68)とボルベアゲン・デイビッドさん(57)が望遠レンズを向けた。

 体長1メートル前後、翼開長約2・4メートルもある巨大な猛禽(もうきん)類に、2人は「黒ずくめの体に…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1354文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]