メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人抑留者

ウズベクの資料館長、舞鶴へ 元抑留者らと交流 /京都

山下美晴館長(右端)の案内で、抑留生活についての展示に見入るスルタノフさん(左端)と新家苞さん(右から2番目)=京都府舞鶴市の舞鶴引揚記念館で、鈴木健太郎撮影

 戦後、旧ソ連が約2万5000人の日本人を抑留した中央アジアのウズベキスタン(旧ウズベク共和国)から、私費で日本人抑留者資料館を設立したジャリル・スルタノフ館長(71)が初来日し、24日、舞鶴市の舞鶴引揚記念館を訪れた。首都タシケントの国立劇場建設に従事した元抑留者や、市内の小・中・高校生と交流した。

 タシケント生まれのスルタノフさんは少年時代、強制労働させられていた日本人抑留者の話を聞き、日本と抑…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文644文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]