メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人抑留者

ウズベクの資料館長、舞鶴へ 元抑留者らと交流 /京都

山下美晴館長(右端)の案内で、抑留生活についての展示に見入るスルタノフさん(左端)と新家苞さん(右から2番目)=京都府舞鶴市の舞鶴引揚記念館で、鈴木健太郎撮影

 戦後、旧ソ連が約2万5000人の日本人を抑留した中央アジアのウズベキスタン(旧ウズベク共和国)から、私費で日本人抑留者資料館を設立したジャリル・スルタノフ館長(71)が初来日し、24日、舞鶴市の舞鶴引揚記念館を訪れた。首都タシケントの国立劇場建設に従事した元抑留者や、市内の小・中・高校生と交流した。

 タシケント生まれのスルタノフさんは少年時代、強制労働させられていた日本人抑留者の話を聞き、日本と抑…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文644文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  4. 社説 過労死防止の対策 残業規制だけでは足りぬ
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです