メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人抑留者

ウズベクの資料館長、舞鶴へ 元抑留者らと交流 /京都

山下美晴館長(右端)の案内で、抑留生活についての展示に見入るスルタノフさん(左端)と新家苞さん(右から2番目)=京都府舞鶴市の舞鶴引揚記念館で、鈴木健太郎撮影

 戦後、旧ソ連が約2万5000人の日本人を抑留した中央アジアのウズベキスタン(旧ウズベク共和国)から、私費で日本人抑留者資料館を設立したジャリル・スルタノフ館長(71)が初来日し、24日、舞鶴市の舞鶴引揚記念館を訪れた。首都タシケントの国立劇場建設に従事した元抑留者や、市内の小・中・高校生と交流した。

 タシケント生まれのスルタノフさんは少年時代、強制労働させられていた日本人抑留者の話を聞き、日本と抑…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです