メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

指導的地位の女性30% 目標断念、まだ早い=論説委員・福本容子

求めたい、企業の本気

 2020年までに、社会のあらゆる分野で指導的地位に占める女性の割合を30%程度へ増やす−−。03年に政府が掲げたこの目標を、昨年末、安倍政権が事実上、断念した。残り5年程度で埋めるには大きすぎる、現実との隔たりがあるためだ。「人材が育っていない」。そんな理由をよく聞くが、果たしてそうなのか。仙台市で始まった取り組みを取材し、考えてみた。

この記事は有料記事です。

残り2614文字(全文2794文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです