メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土蔵の中の木箱に入れられ熟成が進む「蔵出しみかん」=和歌山県海南市で、小関勉撮影

 和歌山県海南市下津町で、収穫したミカンを土蔵で寝かせる特産の「蔵出しみかん」の熟成作業が進んでいる。

 ミカンは昨年12月に収穫し、湿度や温度の変化が少ない土蔵に設けられた特製の木箱で保管している。1〜3カ月間熟成を続けると、余分な水分が抜けて甘みが増すという。「蔵出しみかん」を取り扱うJAながみね…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです