メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詐欺罪否認 初公判に「強制」出廷 神戸地裁

元兵庫県議の野々村竜太郎被告の初公判前の法廷=神戸地裁で2016年1月26日午前10時22分(代表撮影)

 カラ出張の繰り返しなどで政務活動費約913万円をだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴された元兵庫県議、野々村竜太郎被告(49)の初公判が26日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で始まった。野々村被告は「虚偽の収支報告書に基づいて返還を免れたことは決してございません」などと起訴内容を否認した。

     野々村被告は昨年11月24日に予定されていた初公判を欠席。弁護側は「自宅前にマスコミ関係者がいて精神的に不安定になり、本人が出廷を拒んだ」と説明した。地裁は今回、欠席に正当な理由がない場合などに刑事訴訟法に基づいて強制的に出廷させる「勾引」の手続きを取り、今月25日午前から身柄を拘束していた。野々村被告の公の場での発言は、議員辞職した2014年7月以来で約1年半ぶりとなった。

     起訴状によると、野々村被告は1期目だった11〜13年度の3年間に受け取った計1684万円の政務活動費(12年度までは政務調査費)のうち約913万円分について、収支報告書にうその使途を記載したり、クレジットカードの利用明細書を改ざんしたりして返還を免れたとしている。

     初公判で野々村被告は起訴内容を否認しつつ、「結果として項目を誤ったりして記載しているものがあるかもしれないが、どのように作成したか記憶にないから確認できない」とも述べた。

     検察側は冒頭陳述で、詐取した政務活動費について「蓄財に回したり、商品券購入に充てたりして使い切った」と指摘した。弁護側は警察作成の供述調書について「被告の精神状態が十分でなく、判断能力が低下していた」などとして任意性を争う考えを示した。

     野々村被告は、同県川西市職員などを経て11年の県議選(西宮市選挙区)で初当選。14年7月、政活費の不正支出を追及され、泣き叫びながら否定した「号泣記者会見」で注目を浴びたが、その後は取材に応じることもなく、同月中に議員を辞職した。その際、14年度分も含め在任中の政活費計1834万円全額を返還した。

     県警は昨年1月、詐欺容疑などで書類送検。神戸地検は補充捜査を行って立件額を書類送検時の4倍に積み上げたうえで、昨年8月、「同種事案の再発防止という観点も重視した」として政活費の不正を巡る事件では異例の起訴に踏み切った。【神足俊輔、井上卓也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 善光寺 トップの貫主がセクハラ 信徒が辞任勧告
    2. 黒部ダム 観光放水始まる…水煙に感動
    3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
    4. 路上喫煙 新型たばこは対象? 自治体で対応割れる
    5. 大相撲 力士ら新幹線で名古屋入り…7月10日初日

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]