メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タンク3万トン分増設へ 汚染水増加で

 東京電力福島第1原発で汚染水発生量が増加している問題を受け、国と東電は25日、汚染水の浄化処理後の水をためるタンクを7〜9月に新たに3万トン分増設すると発表した。建屋の周辺の地中を凍らせる汚染水対策「凍土遮水壁」が稼働して汚染水発生量が減ることを前提に、「タンク容量には余裕がある」としているが、凍土遮水壁の稼働を原子力規制委員会が認可するかは不透明だ。

     昨年10月に汚染地下水が港湾に流出するのを防ぐ「海側遮水壁」が完成。しかし、浄化設備で取り除けない放射性トリチウムの濃度が高く、地下水を海に流せないため、発生する汚染水は1日あたり約200トンから最大で約800トンに増えた。

     タンクや地下貯水槽の保管容量は今月21日現在で計約96万トンなのに対し、汚染水などの貯蔵量は約79万トン。東電は汚染水の増加に備え、汚染水漏れが問題となった旧型タンクを当面使用するという。

     凍土遮水壁を巡っては、原子力規制委員会は運用に不可欠な地下水位の管理について、東電に具体策の提示を求めるなど慎重な姿勢を示している。【岡田英】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文
    2. ビフォーアフター リフォーム代金未払いで朝日放送などに損害賠償
    3. 相模原殺傷 神奈川県警、被害者の実名「発表しない」
    4. 相模原殺傷 出頭直前に投稿か ツイッターにほほ笑む写真
    5. 相模原殺傷 「殺害」口走る容疑者 注意しても聞き入れず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]