メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受刑者に介護福祉士資格 取得へ実務研修

介護福祉士の資格取得に向け、刑務支所内で実技実習を受ける女性受刑者(手前)ら=札幌市東区の札幌刑務支所で、武市公孝撮影

 再犯防止に向けた就労支援策の一環として、女子刑務所の「札幌刑務支所」(札幌市東区)は今年度、介護福祉士の資格取得に必要な「実務者研修」を全国で初めて実施している。同支所は「介護職の需要は高く、出所後に就職しやすい。再犯防止につなげてほしい」と話している。【安達恒太郎】

     刑務所では調理や美容、パソコン作業などの職業訓練を行っており、調理師免許や美容師免許、パソコン検定3級などの資格取得ができる。一方、介護福祉士の資格取得は専門学校などを卒業していない場合、3年以上の実務経験と450時間の実務者研修などが必要。これまでの職業訓練では、基本的な知識を学ぶ「初任者研修」しか行っていなかった。

     同支所は「福祉の現場ではより専門的な資格が求められており、福祉分野に対する受刑者の関心も高い」として実務者研修の実施を決定。札幌市内の福祉専門学校の協力を得て、月1〜3回の講義を開催しているほか、受刑者同士による実技実習や通信教育で専門知識の習得を図っている。昨年7月からスタートし、今年3月には450時間の全日程を修了する予定。

     同支所は定員508人。定員4人の実務者研修には受刑者29人が受講を希望し、面接などを経て受講者を決めた。覚醒剤を使用した罪で3回目の刑務所生活を送っている50代の受刑者は「この経験を無駄にせず、出所後は介護施設で働きたい」と社会復帰を目指している。

     同支所の岸田佳子・統括矯正処遇官は「資格取得には3年間の実務経験のほか、国家試験もあるが、実務者研修を受講すれば、資格取得のハードルは下がる」と述べ、来年度以降も実施する方針を示している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 英EU離脱 投票やり直し請願180万人超
    2. 英EU離脱 スコットランド、独立へ投票準備
    3. 陸上 ケンブリッジV…男子100決勝 日本選手権
    4. 英EU離脱 29日から非公式会議 議論本格化
    5. 英EU離脱 残留望んだ若者、怒りのデモ行進

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]