メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初のオーナー懇話会 10球団意見交換

 プロ野球初のオーナー懇話会が25日、東京都内で開かれた。昨秋のオーナー会議で設置が決まったもので、議決の効力はないが、野球界全体を見据えた意見交換を行うのが目的。ソフトバンクとロッテを除く10球団のオーナーが出席し、2時間超、話し合った。

     非公開だったが、出席した熊崎勝彦コミッショナーは「野球振興の重要性や試合時間短縮の必要性について、積極的な意見が出た。議論は大変有意義で、実行委員会などで参考にしたい」と語った。今後は年1回の開催を目指す。【神保忠弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
    2. 阪神大震災22年 「伝えていく」弟を失った経験、後世に
    3. 厚労省 タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分
    4. オセロ 「きのこの山」と「たけのこの里」で対決!
    5. 阪神大震災22年 亡き妻今も家族の中心 父子4人絆強め

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]