メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

怒れる米国

大統領選/4 宙に浮く不法移民政策 「帰国か 日陰暮らしのままか」

共和党候補者討論会に合わせた抗議集会で「我々の未来は我々が選ぶ」と書かれた横断幕を掲げる若者たち=米西部コロラド州ボルダーで2015年10月28日

 「お父さんが運転中に警官に呼び止められて身元を調べられたら、どうなるの?」「私が大学に入学するときに不法移民と知られたら、メキシコの大学へ行けと言われるの?」。大学生バレリア・エレーラさん(21)の家で交わされる会話は重く深刻だった。

 5歳のとき、両親につれられ、犯罪で荒れた故郷を離れ、バスで米国に越境した。観光ビザは間もなく失効し、不法移民となった。父は建設業で職を見つけたが、家族全員が常に強制送還の恐怖と背中合わせの生活を送ってきた。

 エレーラさんは昨年10月、米西部コロラド州ボルダーで開かれた抗議集会に参加し、反移民の急先鋒(せん…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1260文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クローズアップ2018 加計、幕引き遠く 柳瀬氏招致
  2. サッカー ハリル氏、協会提訴へ 名誉回復求め
  3. 弁護士 大量「懲戒請求」返り討ち 賠償請求や刑事告訴も
  4. 社説 柳瀬元秘書官の国会招致 「首相案件」の心証強めた
  5. サッカー ハリル氏、協会提訴へ 代表監督解任 名誉回復求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]