メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車掌が居眠り 後輩を指導中に

 JR北海道の男性車掌(37)が昨年12月、函館線普通列車に乗務して後輩車掌を指導中に約1時間、断続的に居眠りをしていたことが26日、同社への取材で分かった。目撃していた乗客がJR北にメールで連絡して発覚した。JR北は「ドアの開閉や車内放送は後輩車掌がしており、運行に影響はなかった」として発表していなかった。

     JR北によると、車掌が乗務していたのは、昨年12月16日の午前7時25分岩見沢発小樽行き普通列車。高砂−小樽間で指導役の車掌が、乗務員室で腕を組んで目をつぶったり頬づえをついたりして居眠りしていた。

     この車掌は泊まり勤務明けだった。車掌は社内調査に「気が緩んでいた」と話しており、JR北は「社内規則に基づき厳正に処分した。内容は明らかにできない」としている。【小川祐希】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 舛添氏 どれが「シロ」? 政治資金問題、都議会追及へ
    2. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
    3. 特集ワイド 「原点」忘れた?舛添都知事 「弱者向いた政治を」→福祉政策に疑問符 「公のために尽くす」→クリーンほど遠く
    4. 熊本地震 「出直せ」罹災証明書めぐり益城町民から怒り
    5. 小学館 本の回収を要請 西原さんと高須さん共著書

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]