メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩元さんの無罪確定 福岡高検が上告断念

 鹿児島市で2012年、当時17歳だった女性に暴行したとして強姦(ごうかん)罪に問われた元飲食店従業員の岩元健悟(けんご)さん(23)を懲役4年とした鹿児島地裁判決(14年2月)を破棄し、逆転無罪を言い渡した福岡高裁宮崎支部の控訴審判決(12日)について、福岡高検は上告期限の26日、最高裁への上告を断念すると発表した。岩元さんの無罪が確定した。確定判決は鹿児島県警や検察のDNA型鑑定のあり方を厳しく批判しており、識者から第三者による検証を求める声が上がっている。

 福岡高検は26日、「検察としては承服しがたい点もあるが、(刑事訴訟法が定めた)憲法違反などの上告理由があるとまでは言えないことから、上告を断念する」とするコメントを発表した。

 岩元さんは12年10月7日午前2時過ぎ、鹿児島市の路上で女性に暴行したとして逮捕・起訴された。捜査段階から一貫して「酒に酔っていて記憶がない」と無罪を主張していた。

 裁判の最大の焦点は、女性の体液から検出された精液のDNA型鑑定だった。鹿児島県警の捜査段階の鑑定は「精液は確認されたが抽出されたDNAは微量で型の鑑定は不能」との結果で、1審は「精液が検出された事実は『岩元さんから暴行された』との女性の証言を強く裏付けている」として、有罪判決を導いた。

 ところが、控訴審で高裁宮崎支部が実施した再鑑定で、精液から岩元さんとは異なる第三者のDNA型が検出された。控訴審判決はこの結果などを踏まえ「女性の証言に客観的な裏付けがない」として無罪判決を言い渡した。

 さらに、控訴審判決は県警のDNA型鑑定について鑑定経過を記したメモなどが廃棄されていたことから、実際には型が検出できたのに第三者の型だったためそれを伏せた「証拠隠し」の可能性を指摘した。また、検察側が控訴審で裁判所や弁護側に無断で鑑定を実施した点を疑問視し「裁判の公正を疑わせかねない」と批判していた。

 鹿児島県警幹部は26日、取材に対し「判決を真摯(しんし)に受け止め、より一層ちみつな捜査に努めたい。公判に備えた鑑定記録の作成を徹底していきたい」と語った。福岡高検の保坂直樹刑事部長は記者団に対し「鑑定に違法な点はないが、疑念を抱かれないように事案に応じて裁判所や弁護側に説明をしていかなければならない」と話した。【鈴木一生、志村一也、吉住遊】

     ◇

 鹿児島市の強姦事件はこれまで被告を匿名で報じてきましたが、無罪が確定したことや、本人の意向も踏まえ実名とします。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 銀魂 テレビアニメ新シリーズが放送へ
  2. 特集ワイド 「アンチエイジング」大嫌い! 小泉今日子さんらの発言に共感の輪
  3. JAF調査 横断歩道に歩行者 「止まらない」車9割
  4. 離婚 伊達公子さん、ドイツ人レーサーのクルムさんと
  5. 築95年民家 岐阜・大垣で倒壊 市が是正指導中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]